044-411-5080
受付時間 10:30~19:00
初診web予約 再診web予約
MENU

装置の種類

Orthodontic

装置の種類

歯周病

表側、裏側、目立ちにくい白い装置や取り外しの装置など、様々なタイプの種類がございます。
患者様のご希望をうかがいながらライフスタイルに合った装置の選択を行ないます。

メタルブラケットメタルブラケット

歯の表面に金属性のブラケットを接着する、一般的な矯正(表側矯正)に使用されるもっともオーソドックスな装置です。


<メリット>
  • 金属製のため薄くて丈夫であり、歯にかける力の調整がしやすい
  • 多くの不正咬合の症例に対応することができる
  • 他の装置に比べて安価なため、治療費を抑えることができる

<デメリット>
  • 銀色のブラケットが目立ち、審美的に劣る
クリアブラケットクリアブラケット

メタルブラケットの審美的に劣るという欠点を補うために作られたブラケットです。


<メリット>
  • メタルブラケット同様に多くの症例に対応できる
  • 装置が透明なセラミックでできているため目立ちにくい
  • 金属アレルギーの方でも使用可能

<デメリット>
  • メタルブラケットに比べ、費用はやや高い
  • メタルブラケットと比較すると、多少強度が弱く壊れやすい
リンガルブラケット
(歯の裏側で見えない)
リンガルブラケット

歯の裏側に取り付ける、お顔の正面からは全く見えないブラケットです。


<メリット>
  • 装置が外側から見えないため、まわりの目を気にせず治療に専念できる

<デメリット>
  • 装置に舌が当たるため表側と比べると違和感をともないやすい
  • 舌の動きを制限するため発音しづらくなる傾向がある
  • 表側と比べると費用が高くなる
ハーフリンガルブラケットハーフリンガルブラケット

ハーフリンガルは上下どちらかをリンガルブラケット矯正装置で治療する方法です。


<メリット>
  • ほかの人からは矯正装置をつけていることがわからない・表側矯正に比べて虫歯になりにくい

<デメリット>
  • 舌が装置に当たるため違和感をともなう人もいる
  • 若干発音がしづらい
インビザライン
(マウスピース矯正)
インビザライン

見えないマウスピース型の矯正装置です。


<メリット>
  • ほかの人からは矯正装置をつけていることがわからない
  • 取り外しが可能
  • 洗浄ができ衛生的

<デメリット>
  • 装着時間を守る必要がある
  • 装着を怠ると治療が進まない
拡大床拡大床

プレートやワイヤーでできた拡大床装置を用いて上顎や下顎の歯列を拡げ、永久歯萌出のための、もしくは配列のためのスペースを作るための矯正装置です。


<メリット>
  • 抜歯せずに矯正治療ができる
  • 取り外し可能

<デメリット>
  • 成人矯正では適用範囲が狭い
リテーナーリテーナー

歯は並び終わっていても、歯を支える周りの組織(歯肉、歯槽骨、歯周靭帯など)は作り変わるのに倍の年月がかかると言われます。
特に歯肉や歯周靱帯などが引っ張って元の位置へ戻そうとします。これがいわゆる後戻りと言います。
この後戻りを防ぐための装置としてリテーナー(保定装置)を一定期間使用します。